「正心法語」は、原さんの軽井沢の別荘で作られました。

第一回の研修には全て参加してます。

考えたくないことですが、まだ私の大川とのやり取りのテープが残ってるんでしょうか?

だとしたら、非常に無念です。

「正心法語」は、原さんの軽井沢の別荘で作られました。

わたしは、全て大川の作文だと思ってますから、感動はしませんでした。

この人間は正直頭がおかしいのでは? と言いたかったぐらいです。

「虚業集団」は、内容が事実であるからこそ、最高裁までいって勝訴の判決を勝ち得たわけです。

最近の会員さんはそうした流れを知らないのでしょうね。

なお、個人的に今は一切の宗教とは縁を切ってます。

あと、具体的な話は土田画伯の「挿絵」の話題ですね。

初期の「ひまわり」の絵を差し替えて、画伯が不快に思ったとか、初期の講習会で、大川が、

時期がくれば本のノルマで会員には1人100冊配らせるようにしよう、とかかなり早い段階で話してましたね。

http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51354460.html

虚業教団

30年間、教勢拡張と集金だけだったカルト。 今尚、植福と称する布施を搾り取られ続ける信者たち。 教祖一家、その愛人たちは、贅沢三昧の日々を送っているというのに。 人間関係は破壊され、家庭も崩壊。 貢ぎ疲れ、極貧生活を強いられる信者たちの 洗脳解除を祈念し、ここに関谷氏の 「虚業教団」をコピーさせて戴きます。

0コメント

  • 1000 / 1000