霊言集は100%の創作です。

私の年代では高橋信次も佳子も親近感や、特別の意識は持てません。

おそらく40代後半以上の方でなければ、GLAに対して思い入れは無いのではないでしょうか?

それはさておき…

前述の幸福の科学の月刊誌の中に、著者名が入ってますね。

さりげなくですが、原さんのスタッフ紹介として。

5人の人間がテープに入った大川の声を筆記したものですが、資料提供は大川、原以外にそこに名前が上がった人物も絡んでます。

霊言集は100%の創作です。

大川の今の衰退も、GLA世代が特に若い方にいないからでしょう。

ネットの普及で、宗教そのものが若い世代を捕らえなくなっています。

三和銀行はスポンサーの不動産会社(これも94年に倒産した)の関係でしょう。

中堅のマンション専門の会社です。

え~と、宗教の勧誘は嫌われます。

私の言いたいのはそれだけです。

信者の方は、大川の創造した世界で、大川を崇拝しながら、仲良く暮らしてね。

私のいる世界は。大川の創造した世界じゃないから関係ないけど(^0^)♪

私には霊能力はありませんし、霊の実在の根拠も見つかりません。

RTOさん、「ヘルメス神学」って大川の造語ですよ!

MSNサーチで検索頂けたら、存在しない事が分かります。

もちろん、背後霊なんて見えるわけ無いでしょ。

ヘルメス神学ではなくて正確には「神智学」という「黒魔術」に伝わっている、伝承です。

詳しく語るには、キリスト教の異端学説からはじめて下さい。

カバラ、ルシファー(光の天子)の解説から必要です。

光の存在とか、大指導霊という言葉を使うのが「神智学」です。

カトリックからは異端の扱い受けます。

そして、「復活」と、「知識」をキーワードに、「愛」と「英知」を縦軸にしています。

大川の思想はこの受け売りです。

ちなみに、試験で「神智学」の事回答したら満点貰えます。(^^)

神智学の知識や用語は、多くの転用がカルト教団で使われています。

高橋信次著作でも使われています。

大宇宙・大神霊等同じ意味ですね。

ここでは、「黄金の夜明け団」の関わりを語っています。

大川にこれらの知識を与えたのが、初期の女性5人です。

ご覧になっていかがでしたか?

以上光の七色から、「ヘルメス神学」=「神智学」 解説致しました。

引用した方が簡単だったりします。

大川のオリジナルって、19世紀からありました。(^0^)

幸福の科学の原点が、

「いくらでも図書館にあるじゃん あれくらいの内容」 なんだよ。

がっかりしなさんな。

それが唯一の現実。

大川の知識もその程度だってこと。

神智学では 七色の色に分離するのがお好きらしい。

ちなみに、光の3原色は赤、青、黄しかなくて、白とか黒は濃度の分離に使われるだけで色ではない。

HP製作した人ならご理解いただけますが、#00FF00.#FF1359みたいに6けたのコードと数字で256色表示できます。

黄金光線は空想の色かな?

ちなみに、わたしの実在のヒント書きますね!

年齢は高橋佳子さんよりわずか下です。

初期講演会のテープでは何本も私の声が入ってます。

89年の夏に会から姿を消しました。

ビデオに入ってます。

関西にはよく行きました。

*注

高橋 佳子(たかはし けいこ、1956年 - )は、日本の宗教家。東京都出身。日本大学文学部哲学科卒。

1969年設立の新宗教法人GLA総合本部の2代目主宰者。創設者の高橋信次の長女である。

http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51354460.html

虚業教団

30年間、教勢拡張と集金だけだったカルト。 今尚、植福と称する布施を搾り取られ続ける信者たち。 教祖一家、その愛人たちは、贅沢三昧の日々を送っているというのに。 人間関係は破壊され、家庭も崩壊。 貢ぎ疲れ、極貧生活を強いられる信者たちの 洗脳解除を祈念し、ここに関谷氏の 「虚業教団」をコピーさせて戴きます。

0コメント

  • 1000 / 1000