職員全員が苦しみを分かてばまだ諦めもつきますが、幹部職員などは結構もらっていたのです。

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1510558884/366


【職員間の不公平】

職員全員が苦しみを分かてばまだ諦めもつきますが、幹部職員などは結構もらっていたのです。

ある50代の支部長などは50万円位もらっていました。

30代の支部長で40万円位でした。

これからすると地方本部長や総合本部の偉いさんなどはかなりもらっていたと思われます。

ちなみにSi元総合本部長は「われわれの給料は100万円でも少ないくらいだ!」と怪気炎を上げていた そうです。

しかしそれとは正反対に、独身男子職員では十数万円、独身女性職員で7~9万円という有様です。

しかしどう見ても仕事をしているのは主任といわれる支部の独身職員であり、支部長などは

実務は何もしていませんので普段は暇です。

檀家回りと称して家に帰ってくつろいでいる方もおりました。

おまけに地方本部長などは各支部へ目標の割り振りを指示しているだけで、まともに仕事

をしている様子はありませんでした。

私はこれらの現実を見て、あまりの不公平さにやりきれないものを感じました。

そしてこの私の観察と思いは、96年の「イノベーション」で大川総裁が

「管理部門は何も仕事をしていない。

地方本部長は何も偉くない。地方本部廃止。職員階層廃止。」

と命令したことで、すべて正しかったことが証明されました。

つまり96年までは、それまで何も「仕事」をしていなかった方たちに、延々と高額の給料を払いつづけていたのです。

末端職員の苦しみを尻目にして…・・。

それらはすべて会員のお金からの支出であることは言うまでもありません。

そして99年位からはまたまた本部長制度が復活した様です。

本当にご都合主義の見本のようなところでした。

虚業教団

30年間、教勢拡張と集金だけだったカルト。 今尚、植福と称する布施を搾り取られ続ける信者たち。 教祖一家、その愛人たちは、贅沢三昧の日々を送っているというのに。 人間関係は破壊され、家庭も崩壊。 貢ぎ疲れ、極貧生活を強いられる信者たちの 洗脳解除を祈念し、ここに関谷氏の 「虚業教団」をコピーさせて戴きます。

0コメント

  • 1000 / 1000