KKの活動とは、何だったのか?

私は信者時代、地区長を2年間やりました。

「幸福の仮面」すら、付ける余裕はありませんでした。

ひたすら、自腹を斬って数字を埋めるのです。

地区ノルマは、かなりの数字でした。

一番メインになるのが、経典購入ノルマで、他の信者たちは、ほぼ全員、

自分の分の、一冊しか購入しません。

つまり、残りは全て、地区長が引き受けるワケです。

2年間、地獄でした。

貯金を切り崩すだけの、「宗教活動」です。

地区信者の、あまりの無気力ぶりに呆れ、何度も支部に掛け合いました。

「もう、私の地区は、地区としての体を為していない。

支部マターにしてほしい」と。

何度掛け合っても、支部女性部長は、言葉を濁すだけでした。

・・・現在、私の支部は、もう、地区制は崩壊しました。

全滅です。

まあ、それでいいのでしょう。

軍隊のように、上からの命令に締め付けられ、金を搾り取られる宗教団体なんて、

カルトでしかないのですから。

良い意味で、いい加減な、チャランポランな信者しか残ってないので、

どんどん支部が衰退していますが、それでいいのだと思います。

邪教は、滅びるべきだからです。

信者たちは皆、何百万、何千万と搾り取られて、その金は、

教祖の愛人や、お気に入りの女性職員の、法外な給料となっている現実。

直ちに、滅びるべきカルト教団なのです。

KKの活動とは、何だったのか?

資産を根こそぎ奪われ、出し殻になっただけ。

奴隷のように酷使され、身も心も、経済も、ボロボロになっただけ。

ただ、それだけでした。

職員さんたちよ、どうかこれ以上、罪を重ねないで下さい。

これ以上、信者たちを騙し続けないで下さい。

彼らの老後は、地獄です。

病気しても、入院することさえ出来ないでしょう。

信者さんたちよ、あなた方の布施は皆、教祖の愛人手当となって消えてゆきます。

ユートピア建設の為ではなく、教祖のハーレムの為に使われています。

あなた方は今、「悪魔に貢ぐ、奴隷」でしかないのです。

早く、この現実に気付き、カルトから脱退して下さい。

無間地獄へ堕ちぬ為の、最低限の対処、それが退会です。



言葉で判断するな
行いをこそ、見定めよ
言葉では、いくらでも嘘を言える
行いは、実に正直だ
正しい行いを、地道に
何年も、何年も、継続出来てこそ
その人物は、評価される
口先だけの美辞麗句に
騙されてはいけない
その実践、継続こそが
人物を決める条件だ



選挙結果が、良き例ですね。

公称1100万人が、真っ赤な嘘であることが

日本中にバレました。

妄語戒を破る仏陀、など有り得ません。

今ではもう、このイカれた教団を

笑いながら眺めていますよ・・・・

虚業教団

30年間、教勢拡張と集金だけだったカルト。 今尚、植福と称する布施を搾り取られ続ける信者たち。 教祖一家、その愛人たちは、贅沢三昧の日々を送っているというのに。 人間関係は破壊され、家庭も崩壊。 貢ぎ疲れ、極貧生活を強いられる信者たちの 洗脳解除を祈念し、ここに関谷氏の 「虚業教団」をコピーさせて戴きます。

0コメント

  • 1000 / 1000